存在価値

良く企業カラーとか自社や自店の特徴を色で表現する事がある思いますが、
ここで、質問です!!

Q:あなたのサロンは何色ですか?

Q:あなたの行きつけのサロンは何色ですか?


別の質問をすると・・・

Q:あなたのサロンを一言でカンタンに人に伝えるとしたら?

Q:あなたの行きつけのサロンを友人に一言でカンタンに説明するとしたら?


・・・どうでしょう?表現できましたか?


うちの場合は
「アイザはマニアック」!?
と言って頂いております。

でも~本当は「マニアック」ではなく「本物志向」と言って頂けたらと密かに思っております。
百貨店のようにピンからキリまで何でも取り揃えております!
ではなく、『BEAMS』のような良いものだけを取り揃えた美容版セレクトショップを目指しているからそのような評価をいただけているのだと解釈しております。(笑)

このようにサロンの『色』とはそのサロンがその業界でどうあるか?
更には社会的にどのような存在でいるのか?
その価値をどうサロンに表現しているのか?ではないでしょうか。

正しい、正しくない、カッコいい、かっこ悪い、好き、嫌いではなく
どんな価値でもいいと思いますが、

ただ、自分達がどうありたいのか!
人がどう思おうが、自分たちの目指すサロン像

それがサロンコンセプトで軸になるのではと思いませんか?

このための『拘り』は必要ですが、どうありたいのかが明確にないのに
なぜか不思議な拘りをお持ちになっている人って・・・いますよね。

その拘りって下手すると単なる、変化を恐れた心のブレーキであったり
面倒くささの延長にあったりと、結構小さい事だったりします。

色々なサロンへお邪魔する仕事がら

?????

と思える拘りをお持ちの方も出会っていないとは言えません。

ただそんな時
「なんて可愛そうな方なんだろう(涙)」
数年後もサロンにいるのかなぁ?

~なんて、思ってはいけませんが・・・

でも、思いますね~ぇ、正直。

特に今の時代は乱世の真っ只中
あっという間に企業も含めサロンもつぶれます。
その変化に柔軟に対応し、存在し続けるためには
軸はしっかり、でも変な拘りはパット捨ててしまえる。

そんな考えと行動力を持つことが大切なのではないのでしょうか?

古い因習に囚われない、自由闊達な考え方が出来る人に成りたいですね。
[PR]

by izasekikawa | 2008-01-17 02:00

<< あなたはどう見られたいですか? 心新たに・・・ >>