<   2006年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

髪を痛みの原因から守りましょう!

貴方は髪を洗うだけで髪が傷む事知っていますか?
・・・シャンプー剤?!違います。

実は~~~~~お湯でも傷むのです!!
何故でしょう?
それは髪の性質上どうしても傷むのです。
ではどのように傷むのか?
髪は以前にもお話ししましたが、外側が「キューティクル」で中が「毛皮質」または「コルテックス」という構造的説明を「のり巻き」に例えてしました。
キューティクルは竹の子の皮のような重なりをしています。
イメージできますか?まさにあんな感じですよ(^.^)
そしてそのキューティクルの隙間に水が浸み込むのです。
ドンドン浸み込むと最後にはのり巻きの米の部分にまで浸み込みます。
水が浸み込むということは・・・
水に馴染む性質が髪にはあるのです。
ちなみに、ワックス(油)の効いた車の車体は雨に強く、雨や水分をはじきますよね。
髪の毛では(油)成分の『皮脂』と言われるものが、
多少頭皮から出て、髪を覆っているのですが、
毎日髪を洗う清潔好きな日本人の髪は、非常にこの皮脂の油膜が薄いので、
少しの洗浄で洗い流されてしまいますので、あまり存在を意識しないでご説明します。

話しは戻りますが、
水に馴染み易い性質があるのは実は髪の水分量を保つ保湿成分なのです。
とうことは・・・
保湿成分が水に馴染み流れだしてしまうのです!!
そうなのです。
だから、髪の痛みは先ずは乾燥から始まります。

そして、これからが重要ですので貴方の浴室をイメージして聞いてください。d0076627_272142.jpg
貴方のシャワー水は井戸水ですか?それとも水道水ですか?
ほとんどの方が水道水だと思います。
最近は健康ブームで浄水器や、特殊なシャワーヘッドをつけている方もいらっしゃいますが、ごく一般的な家庭の浴室を基準としています。
水道水は排水を浄水場で濾過し、消毒されて一般家庭に供給されています。
このような水のリサイクルは日本独特の文化と聞いた記憶があります。
その消毒に使われているのが「塩素」です。
地域によってその塩素濃度は様々のようですが、水道水には必ず使用しています。
その塩素、実はとっても髪や、肌には良くないのです。

その原理を利用したのが・・・
あの恐ろしい第二次世界大戦中ドイツ軍がユダヤ人大虐殺のために使用した塩素シャワーです。
塩素シャワーは皮膚を溶かし、鼻から気管に入ると気管内のたんぱく質を溶かし、窒息死させるのです。
ちょっと大げさかもしれませんが、その塩素が微量ですが入っている水道水を使えば・・・
感の良い方はもうお分かりでしょう。
髪や肌の主成分は水以外ですとタンパク質という物質です。
私達はたんぱく質のかたまりですね(^.^)
そうです、水道水が髪の中に浸透し、タンパク質を溶かしてしまうのです。
ということで、シャンプーなどしなくても水道水で毎日髪を洗っていれば、髪は傷んでしまうのです。
さらに、薬局で売っている1L1000円シャンプーを使えばその痛みのスピードは加速しますよね。
また、肌の弱い方や乾燥気味の方は水道水で身体を洗うと当然乾燥が直らなかったり、カユミがでたりしますよね。
面白い話ですが、一番風呂に入る方が湯船の塩素を全部身体につけてくれますので、ニ番風呂のほうが実は身体にはいいのです♨

髪が傷んで気になる方は、シャンプーなどもそうですが、できれば塩素をカットできるシャワーノズルを使うなどの工夫も必要かと思います。
また、プールなどへ頻繁に行かれる方は塩素に浸かる時間が多いので、塩素除去が出来るヘアケア剤等を常備持ち歩くなどされると良いですね。

手触りの良い綺麗な髪を維持するには先ずは、傷める事や、モノをさけることからですね。
[PR]

by izasekikawa | 2006-07-31 03:57 | 最近のオススメ

セルフカラーはどうして駄目なの?

「そろそろ夏休みも終わりで、髪も黒くしなくちゃ!」
そんな貴方は、薬局へ行って『色戻し専用』のヘアカラーを買いに行き
友達同士で染めっこしようとしていませんか?
その後、髪に何が起こるかも知らずに・・・

これから貴方の髪がいつまでも美しく、ヘアスタイルがいつでも決まるために大切な事、真実をお伝えしますので、たまに自分で染めてしまう方は聞いてください。

サロンのヘアカラー剤と市販のヘアカラー剤の違いは先ず髪に対するダメージ度です。
例えば・・・
明るいピンクブラウンの市販のヘアカラー剤を使ったとします。
当然、最近の市販のカラー剤も良くなってきていますので染め上がりはツルツル♪
でも、数回シャンプーするとギシギシ。
そして、やってしまった方試してみてください。
シャンプーした後、トリートメントをつけずに、髪に手グシを入れて「ギュッ」と握ってみて下さい。
指の間がなんだかペタペタっとしますので(^.^)
それは、髪の中の栄養分が溶け出してきているのです。
市販のカラー剤は髪の脱色(漂白)作用も強くそこに色がドッと入ります。
当然傷みもサロンカラーの比ではないくらい傷みます。
そのかわり素人の貴方でもカンタンに綺麗に染まりますね。
そして、さらに貴方を不運が襲うのです!

今度サロンでカラーをしてもらおうとすると・・・。
一度傷んだ髪はなかなか修復する事は出来ません!
プロでもかなり困難?不可能?な次元です。
そうすると、サロンでは貴方の傷んだ髪を修復する事から考えますので、
行ったその日に完璧なヘアカラーが出来ないかも知れません。
そして、貴方が染めた色が残っている場合もっと困難な作業をしなければいけないのです。
それは・・・
ヘアカラーで染まった色を取除くには特殊なパウダー状のブリーチ剤を使わない限り取れないのです。
明るいヘアカラーを塗っても色も落ちないし、明るくもなりません。
そうなのです!
そのブリーチ剤はカラーを分解するくらい脱色力が強いので、
貴方の髪に色が残っていて、カラーチェンジなどを希望したら・・・
当然さらに髪は傷みます!
サロン側でなるべく傷まないような施術をしたとしても、確実に今以上に傷みます。
伝わっていますか?

自分で染めると
「髪は非常に傷む」「色を取るのに特殊なブリーチ剤を使うので、さらに傷む」「手間もかかる」「1回で希望のカラーが出来ないかもしれない」etc
自分で染めるのはカンタンですが、その後の貴方のヘアスタイルはデザイン変更が困難になってゆくのです!

雑誌のモデルさんのようなヘアスタイルにした~い♪
と思っても出来ないかもしれません。
そうそう、大人の方も同じで、チョット白髪を隠すためにサロンへ行くまで少し持たせようなんて、自分で染めると同じ事になりますので、気をつけてください(^.^)

サロンへ行けば大丈夫!
なんて、夢のような事はありえませんから
プロに任せれば何でも叶うと思うのは、妄想です。

今はサロンのカラー剤も用途別に出ていますので、染めようかな・・・?
と思ったらサロンの方に電話でもいいので相談して下さい。
後々を考えると絶対して下さい!
傷んだからトリートメントすれば大丈夫!なんて安易に考えないでくださいね。

ちなみに私はその事を充分知っている側なので、
絶対に市販のカラー剤では染めません(^.^)
だから、通年ヘアカラーをしていますが、
シャンプーしても引っかからないですし、枝毛も切れ毛も全く出来ません♪
ちなみに髪の長さはいつも長いところで15cm程度ですが。
まあ、シャンプーなんかもプロ用しか使わないのもありますね。

だから、やってしまった人は憧れのヘアスタイルは出来ないかも知れないということをご理解ください。
そして、自分で染めていない方は、絶対に染めないでください!
[PR]

by izasekikawa | 2006-07-31 02:55 | 最近のオススメ

警告!!クーポン雑誌症候群

「緊急報告!只今クーポン雑誌症候群サロンが、デフレスパイラルに巻き込まれ脱出不可能圏内に入りました!」
「繰り返します。只今・・・クーポン雑誌・・・・・・・・・・入りました」
「・・・・・ツー・ツー・・・・・・」

皆さんこんにちは。
ホットペッパー等を筆頭にクーポン雑誌に毎月記載されているサロン見かけませんか?
業界的に安売り店というレッテルを張られるサロンがそれです。
私達はホットペッパー症候群と呼んでいますが(^.^)

何故、毎月多額の広告費を出して、さらにプライスダウンをしているのでしょう?
広告には知名度を高め多くの人に認知される事を目的としている場合と、
集客をするためにプライスを落とし新規顧客を獲得するケースと大きく2つにわかれますが、クーポン雑誌は後者に当たりますよね。
このクーポン雑誌の常連サロンはいうまでも無く常に新規顧客をターゲットにしたビジネス展開をし、あちこちに店舗を出店しています。

人口増加時代の拡大経営と、その後のデフレ時代の2極を象徴する産物ではないかと思います。

しかし、ここで皆さん考えてみてください。
そこまでして新規顧客を呼ぶということは、何か原因が・・・
そうです、一度きりの顧客も圧倒的に多いという事です。
その中にはクーポンファンクラブこと、キャンペーンサロンをグルグルと渡り歩くジプシー層が多数生存しているのです。
私には考えられないのですが・・・

自分をよりキレイにする事よりも、できるだけお金を使わずに何とかそこそこのヘアスタイルにする事を第一優先にしている方たちですね。

貴方が新しいサロンへ行ったとします。
1回いってもう2回目は行かないということってあまり無いのではないでしょうか?
特別な原因が無い限り。
3回位いってから、自分に合うかどうかの結論を出すのではないでしょうか?
もう気づいて頂けました?
クーポン雑誌常連サロンは内容があまりよくないということです。
だから常に宣伝しないと経営が成り立たないのですね。

逆に宣伝などほとんどしていないサロンの内容はとってもいい場合が多いのです。
何故なら、顧客の定着がいいのは当然ですが、紹介も多いのでその点で、満足される方が沢山いるという判断が出来るからです。
うわさの美味しいフランス料理店など、本当に満足できる店などは知人から聞いたり、誰かのうわさから知る事のほうが多くないですか?
満足出来るサロンと、満足できる確率が低いサロンの見分け方もクーポン雑誌を参考にしてみると良いかと思います。

だからといって、クーポン雑誌常連サロンが良くないわけではないのです。
「何言ってるの?!」「意味が分らない?????」
と思う方もいらっしゃると思いますが、クーポン雑誌常連サロンさんの中にはとっても上手なスタイリストの方がたまにいることがあるので、そのような方のためにそう言わせていただきました。
そういう方は本気で貴方をキレイにすることを考えた仕事やそのための勉強も自分の休日や、給料を削ってまで個人的に勉強している方です。
あるいみそのような環境で頑張れる人なのでメチャメチャモチベーション高い人なのかも知れませんね(感動!)

そして、ここでとっても内容がいいサロンの方に一般の方(特に自分でいいものはドンドン人に教えたい人)を代表してご提案があります。
紹介カードではなく、ショップカードを用意して下さい。(お願い!)

どうしてかって?
紹介カードは色々な得点がついているケースがありますが、
本当に気に入っているサロンを紹介するとき、その得点が良心を傷めることがあるのです。
知人を紹介すると紹介した側にもメリットをつけて頂くシステム
それがなんだか、知人を売る感じがして紹介をためらう事があるのです。
だったら、サロンの名前、地図、所在地、連絡先が書いてあるショップカードのほうが
「ホントにいいサロンだから言ってごらん♪」
と素直に紹介できる事もありますので(^.^)

今回は宣伝広告から、満足できるサロンに出会える確率を高める判断基準のお話しをしてきましたが、これが業界の真実です。

大切な貴方の髪や髪型をどのサロンに任せるのかは最終的には貴方の判断次第です。
貴方を大切にしてくれるサロンに出会える事を願っています。
[PR]

by izasekikawa | 2006-07-29 19:12 | 理美容業界の知識

罪なあなた、どうして私をいじめるの・・・

あなたは経験ありませんか?
友達同士での会話で・・・
『あそこの美容室駄目よ!この間カラーやってもらったら2,3日ですぐ落ちちゃった(怒)』

ホントにそこのサロンが駄目なのでしょうか?

ヘアカラーは髪を傷めることは知っていますよね。
だって必ず髪の中にあるメラニン色素を分解して、色を入れていくわけですから。
簡単に言うと『漂白』です。
衣類も漂白剤を使うとどうですか?
傷まない?傷みますよね・・・
その後、柔軟剤などを使うと何とか肌触りのよい感じにはなりますが。
髪は衣類と同じ繊維質で出来ています。
だから、原理的には全く一緒なのです。

ヘアカラーで明るくすればするほど髪は確実に傷みます。
髪が傷むという事は、貴方の髪に指を通してみてください。
ザラザラしているところや、シャンプーするとゴムのように伸びてしまうところありませんか?
そこはまさしくダメージしているところです。

業界ではよく例えで「のり巻き」が出されるのですが、
ザラザラしているところはのりが逆立っているところ。
伸びるところはのりどころか、米の部分まで減っているところ。
髪の毛で言うと、少し専門用語になりますが、
のりの部分は「キューティクル」で髪の栄養分を外に逃がさない役目と、外からの刺激から髪の内部を守っています。
米の部分は「毛脂質」または、「コルテックス」という部分で、ココに髪の色(黒~白髪)を表現するメラニン色素があったり、髪の水分量を保つ成分があったり、髪の弾力を出したり、カラーやパーマが作用する部分なのです。
伝わっていますか?
カラーやパーマをするとそれらの部分が傷んでしまうので、
結果、色のもちは傷みによってだいぶ左右されます。
カラーやパーマをする時はそのリスクを知った上ですることですね。

そして、これからが真実の部分に触れる重要なところです。
傷んだ後の、管理が貴方に任されるのです。
要するにアフターケアは貴方の自己責任なのです。

貴方は、カラーやパーマをした後にサロンさんからシャンプーやトリートメントを勧められませんでしたか?
でも、自宅には薬局で買ってきたお徳用シャンプーがあるからなどの理由で、それを断りませんでしたか?

そこが、貴方の責任です!
間違いなく薬局で売っているシャンプー剤、特に1Lでも1000円以下のシャンプー剤は洗浄力が強いタイプです。

もし貴方が、シャネルのシャツを洗濯するとします。
洗濯機で洗いますか?
一般的な方は高価なものなので必ずクリーニング屋さんへもって行きますね。

それと一緒で、ダメージした髪は普通のシャンプー剤を使ってはいけないのです。
必ず業務用のシャンプーを使わないとせっかくのカラーも、パーマも数日後には良い状態ではいられなくなるのです。
だから、サロンの方のせいだけにして批判をしてはいけないのです。

これに、ドンピシャの貴方は今後気をつけてくださいね。
女性は髪が綺麗だと、質素な服装をまとっていてもどこと無く品が漂いますからね(^.^)
[PR]

by izasekikawa | 2006-07-29 17:14 | 理美容業界の知識

サロン専売品のシリーズモノについて

理美容業界にはシリーズ化された商品が数多く出回っています。
特に最近では処理剤やトリートメントシステムがそれですね。
貴方はどう思いますか?
数十種類にも細分化されたシリーズもありますね。
考えてみてください。
果たしてそれら全部が本当に必要なのか?
それを使うことで結果を大きく左右するのか?
そのシリーズもの・・・実際には販売メーカーの思うつぼ!

ヒットするとなぜだかドンドンとシリーズの追加商品が増える。
髪にはこのような成分も必要ですと理論立てて言われると、
あまり知識のない方はとその商品をつい仕入れてしまいます。

しめしめ♪と思うのは販売メーカーのみ。
理美容室に商品を卸すディーラーはメーカーが出すものだからやっぱり在庫を仕入れなくてはいけない。
ふたを開けると・・・

ディーラーの倉庫にそのシリーズものの在庫がイッパイ!
サロンの薬液室やワゴンの上にも在庫がイッパイ!

他人資本の第1倉庫、第2倉庫がドンドン増えてメーカーは潤います。

本来、髪が健康であれば処理剤なんてほとんどいらないもの。
でも、薬剤処理をする上では少しは必要です。
質感をコントロールするにもトリートメントは必要かもしれません。
が、しかし理美容師の本来の目的は完成度の高いヘアスタイルを作ることではないのでしょうか?

でもなんだか処理剤を沢山使えば満足してしまう。
処理剤の理論を知る事で満足してしまう。
処理剤やトリートメントが増えるとお客さんが増えると思っている。
これをやっていれば売上が上がると思い込んでいる。
おかしいですね。
どちらかというと処理剤はシンプルで結果のでるものがあれば良いような気がします。
その代わり、カラー剤などは数種類をMIXしてパーソナルカラーを表現したり、
既染部と新生部に対してのカラー剤の使いわけができるカラー剤の種類を増やすほうが
本来の理美容師のプロの仕事に必要なツールだと思いませんか?

残念な事に、処理剤を複雑に使うサロンさんでもカラー剤はワンタッチできれいに染まるようなカラー剤を使用しているところもあることが事実です。

処理剤や、複雑なトリートメントシリーズは、販売メーカーに良いようにされているような気がします。

特に成分的な点でそれらを観察してみると、理美容師の方は手触りだけで商品を判断しているのではと思うくらい、感触向上剤がふんだんに使われているものばかりです。

真実を見つめてみてください、必要なもの不必要なものが見えてくるはずです。
本来理美容師さんは創意工夫できる才能をもった人たちです。
1つのツールでどこまで使えるのかを考えれば商品数なんてホントシンプルになると思いますよ。
そして、成分知識を深めれば商品の特徴がよく見えると思います。

洗練されたヘアーデザインを創造することが目的です。
質感はその表情にプラスαをつけること。
ここを一生懸命やっても売上は上がりません。
顧客は認めません。
必要な事ですが、スタイルあっての処理剤やトリートメントなのです。
[PR]

by izasekikawa | 2006-07-29 16:11 | 理美容業界の知識

こんな感じで公開します。

d0076627_2374088.jpg
+++++++++美の真実+++++++++創刊号++++++++
==============================================
理美容業界のあらゆる面の真実を何で?どうして?という視点にたち
あるときは消費者側、あるときはサロン側の立場で勝手に喋り捲ります♪♪♪

どちらも読むと痛い!!話しにもなる事もあると思いますが
すべて真実に基づいてお話ししていきますので、どうそお付き合いください
==============================================


[ごあいさつ]

こんにちは。理美容室探偵団隊長セッキーです。
これからブログを書いていきます。

考えてみるとブログは初めてなんですね・・・
今までは書面に言いたい事を書いたりして
必要なのか、そうでないのか関係なく勝手にサロンさんへ配っていました・・・。

そうそう、サロンの方以外にも一般の方ものぞけますので簡単に私の業界の立場を
お話ししておきますね(^.^)

この業界には
①シャンプーやヘアカラーを製造する製造工場
②工場にオリジナルの商品を製造してもらいそれを販売する販売メーカー
③販売メーカーから仕入を起こし、代理店としてサロンへその商品を販売するディーラー
④ディーラーから商品を仕入れ業務で使用するサロン

と、こんな感じで商品が流通しています。
その中の②、③が私の会社ということになります。

そのために、業界の裏側まで良く見えるのです。

その中で?????ということが沢山あるので、チョット突っ込んで調べてみたり、
実験やその疑問を抱いた分野に詳しい人を捕まえて根掘り葉掘り聞いてしまうのです。
やなやつですよね~。

そんなこんなで、特に②、③、④そして一般の方の考え方や、やっていることに
おかしいな~~~~?
と思うところがいくつもでてきたのです。
そのために本来はこうあるべきじゃないかな?!

と思うことや、「なるほど!」という事をこのブログを通して皆さんに伝えていくつもりです。

貴方が美しくなるためには・・・
貴方が通うサロンが質の高いサロンでなくてはいけない!
質の高いサロンとは・・・
技術+知識+人間力+環境の総合力がバランスよくできている

そのためにも貴方と、サロンさんにはこのブログを通して
何か発見や気付きがあればと思います。

どういう展開になるかは予想がつきませんが
どうかおつきあいください。d0076627_12232227.jpg
[PR]

by izasekikawa | 2006-07-01 16:10