<   2007年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

マイクロバブルを学んで

今日は私達が力を入れている
「マイクロバブル」商品の勉強に本社のある仙台へきました。
d0076627_248793.jpg



講習はパーマ、トリートメント行程にマイクロバブル加工された商品を使用する勉強です。
ココで、マイクロバブルについて少し・・・

想像してみてください
海底からでた泡が水面に向かって上っていく様子
必ず自然現象で、泡は徐々に水面に近づくにしたがって大きくなり~
最後水面で「ポワン*」と割れてしまいます。
しかし、マイクロバブル加工された泡はその現象とは逆に
水面に行くにしたがって、小さく~小さくなり最後水中で爆発してしまいます。
現在は正確な大きさは確認されていませんがナノレベルまで泡が細かい気泡になっているとの事。
ではその技術を使うとどうなるのか?

①水中に大量の酸素が溶け込み、真水で通常の50倍以上、海水で更に3倍以上という事で、 海水にマイクロバブルを送り込むと真水の約150倍以上の酸素量の水ができます。
②マイクロバブル加工する事により、水中に大量のマイナスイオンが発生する。

この技術は現在、様々な分野の特定の使用を許された企業(医療、水産業、美容、造船業etc)がその効果を使っての実験が繰り返されています。
そして私達美容の研究ではこのような事が分ってきました。
若返りの源である「IGF-1」の生成が起こる!
つまり、14~16歳がその分泌量のピークといわれる、人成長ホルモンの分泌を促進する因子である「IGF-1」が増えるのです。
このおかげで、若返り現象・・・
肌の弾力、水分バランス、免疫機能などなど様々な若返り現象が起こるのです。
更に、老化や髪のダメージの根本的原因である「活性酸素」現在11種類の生成をストップする効果もあるのです。
そしてその加工をパーマや、シャンプーにする事により様々な害を抑制する効果もあることが徐々に分ってきました。
正に、今まで不可能だった事が可能になってきたのです!!
そのマクロバブルを使っての美容技術の進化、発展を今日は勉強したという事です。
今、様々な「水」がでてきています。
海洋深層水、波動水、浸透水・・・
全て悪いものではないのですが、詳しくメーカーは答えません。
何故なら製造過程が結構カンタンだったり、実は単なる「水」であったりするからです。
しかし、例えばマイクロバブルで加工された「水」は最高レベルの特許で守られ、その裏づけとして多くの研究データと、研究成果を立証した企業や、教授等がいます。
それだけ、誰が見ても結果が出る社会的信頼度が非常に高い「水」になるのです。
そのような技術を用いた商品ですから当然「えっ!」「なにこれ!?」という結果が出て当たり前ですね。
しかし、まだまだ応用幅は私達美容界でも沢山考えられます。
d0076627_2523794.jpgそのために、取り扱いを始めたサロンさんでは様々な取り組みを行っていうるのです。
今日はこんな話を聞いてきました。
カラーをこの「水」で薄めても逆に発色がよく、ツヤが出る。
パーマを50%薄めてもかかりに問題は無く、逆にチリツキが抑えられた。
薬剤の塗布前につけると非常に浸透がよく時間が早い。
「水」をつけただけで髪がしっとり柔らかくなった。
など、不思議なことが沢山現場では起こっているようです。
サロンさんも、何とか自分のオリジナルのメニューとして確立したいと様々な研究と、経験をされているようです。
d0076627_253817.jpgそして、この技術により、「水」はもちろん、化粧水、ケラチン処理剤、パーマ液、更にはシャンプー、トリートメント、育毛剤、シワとり化粧品などなど、現在研究開発中のものから、発売されたものまで様々です。
そして、世界に誇れる日本の最高の技術であり、この技術が徐々に海外から注目を浴び始めています。

そのような、世界が注目する商品を私達が独占的に販売できる事は大変光栄で、この技術を多くのサロン様に伝え、そしてこのマイクロバブル技術の最終的目標地点である「環境改善」に私達業界なりに勤めていけたらと思います。

今後またマイクロバブルについて詳しい記事を書いていきますのでお楽しみに(^。^)
[PR]

by izasekikawa | 2007-01-23 03:09

世の中どうなっているんだ?

最近、消費者の信頼度が高い企業のよろしからぬ事件が多発していますね。
不二○、東京ディズ○○○○○、ユニバーサ○○○○○、あるある大○典・・・どの企業も絶大なるファン客がついている企業や、コナーばかりです。
皆さんはどう感じますか?
実は私達業界でもよろしくないニュースが増えています。
裁判事件、犯罪とどうして?
でも、全ての事件に共通しているのは「世の中の人をだましていた」ということです。
消費者、視聴者、公的機関とウソの積み重ねで起きています。
当事者の心無い自己中心的な判断が多くの人に迷惑をかけているのです。
結局その企業として、担当者として利益を最優先して
間違った判断をしてしまったのです。
理美容師でも会社のシステムが利益優先だlったり
個人の倫理観や思想が低いと
判断をまちがってしまう恐れがあります。
材料費削減のために品質の悪い材料を使用する
薬剤をつけたら間違いなく髪の強度が持たないような人に、パーマを勧める、カラーを薦める
カラーを失敗したのに口で丸め込む
施術ミスで傷みが目立ちすぎたら、コーティング剤たっぷりのトリートメントを薦めてごまかす
来店サイクルを早めようと勧誘のDMをうちまくる
カウンセリングといいつつ、メニューの売り込みの時間になっている・・・
全てプロとしてやってはいけない事です。
そんな事をしていると、今の世の中必ず裁かれるような気がします。
貴方もそう思いませんか?
グレーだった事柄がドンドン白黒をつけられていますよね。
その通り!とうなずく貴方はその姿勢を貫いていってください。
きっと貴方の生き方が徐々に病んだ心を持った周囲の人を気づかせてあげることができるはずです。
[PR]

by izasekikawa | 2007-01-21 01:30

やっぱり環境問題は理美容室でも外せませんね

今日1月16日の夜TVで「地球破滅」という
環境汚染問題のトーク番組がやっていました。

100年後には地球温暖化により世界中が大変な事におきる

d0076627_1582768.jpg








何となく皆さんもそんな話聞いた事ありますよね・・・

自分達はいいのですが
もし、貴方にお子さんがいたら
更に、孫ができたら・・・

そう思うと自分達の常識ない環境破壊のせいで
子供や孫達が苦しい思いをする事になるのです。

では私達業界は・・・
当然人と地球に優しい事を
明日からでもしていかなければいけませんよね!
では何を~~~~~

それはあなた自身が考えてみてください。

私達としては以前から社全体で取組んでいる事で
シャンプーや薬剤も
人、環境にやさしいものを販売していこうという方向で活動しています。
当然髪や頭皮に優しいモノを最優先にご紹介しています。

しかし・・・
現実問題このような商品はなかなかサロンさんで受け入れて頂けない
何故なら、手触り等は到底シリコン等と比べると劣る
薬剤も強い方がカンタン
髪傷めてもコーティングしてしまえばいい・・・

そんな風潮が今の理美容業界
考え方や、知識レベルを高めないと理解できない、使いこなせないものが多いのです。
もうそのような商品を取り入れていただく時には
勉強会の連続です
なにせ、スタッフさんの考え方から変えていくのですから。
そう「価値観」等の思想教育からも入る場合があります。
でもその講習もだんだんとやりがいを感じてきている今日この頃です。
そうそう、こんな考えのサロンさんも現にあるのです。
⇒是非覗いて見てくださいココ
こんな考え方を持ったサロンさんですから当然
美容に対する意識も高いお客様ばかりで
予約が取れないのです。

これからも私達は人、地球に優しい商品を優先的にご紹介していこうと
思った今日でした。
[PR]

by izasekikawa | 2007-01-17 01:54 | 理美容業界の知識