<   2007年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

最近のパーマ事情を考える

最近はやたらパーマの講習会(パーマ液、関連商品の販売目的の)
が盛んに行われています。

デジパー・コテパー・水パー・フィルムパーマ等など
はたしてそれって必要なの・・・?

当然私たちもデジパー等は講習してますが
最近はデジパーで失敗して
メニューはあるが稼動していないサロンさんからのオファーが殆どです。

これは私個人的な見解で、そうではないこともあると思いますが

コテパーは物理的に難易度が高く不確実でホントに必要なの・・・?

水パーは確かに機械はそこそこ優れてますが
水でパーマをかけているわけではなく多少弱い薬でもこの機械を使えばかかるよ・・・
でも水はほんの少し
これって『水パー』と言えるだろうか?

フィルムパーマ
これこそ怪しい・・・
ネタが無いから、真新しいパフォーマンスで
素人目をごまかそうとする意味不明なパーマ
・・・のような気がします。

しかし、新しい機械やパーマを取りいれるのもいいのですが
パーマ自体の技術レベルはどうなのでしょう。

きちんと毛の重なりを計算したカットが出来ているのでしょうか?

カールの方向性や落ちる位置や重なりは計算できているのでしょうか?

ワインディングはきちんとできているのでしょうか?

古臭くないカールの出すポイントや
カールの表情は理解しているのでしょうか?

パーマは何度で反応するのか知っているのでしょうか?

髪は何に弱いのか知っているのでしょうか?

など、基本的なパーマ理論物理的な理論そしてデザイン理論をわかった上で
パーマメニューを伸ばすことの方が
新商品よりも大切なのではないのでしょうか?

どうも今の日本の美容業界は
商品やモノに頼りがちで
肝心の技術と知識が追いついていないように思います。

だって、パーマスタイルは美容師さん側の提案力
デザインイメージをどれだけお客様にイメージさせられるか
できる限り傷めない方法をとる
この2つのポイントさえ抑えていれば
普通にパーマをかける方は少なくないはずです。

どうも、安易に商品やモノでパーマ客が増える
そんな期待をしている美容師さんがいるように思います。
皆さんはどう考えますか?
[PR]

by izasekikawa | 2007-02-27 01:37 | 理美容業界の知識

日本の誇れるマイクロバブル技術

皆さんは『マイクロバブル』という言葉を耳にしたことがありますか?
このマイクロバブルというものは
わが国、日本が発明した近未来型技術なのです。
この技術は人類の歴史が始まって以来の
革新的な技術で
ことごとく今までの常識を覆すものなのです。
この技術『超微細な気泡』を大量に発生させる技術なのです。
この超微細な気泡こそマイクロバブルと言われる
水と空気で作られる泡なのです。

・・・?????

何がすごいのか~超微細な泡の何がいいのか・・・?

そう不思議に首をかしげてしまいますよね(^。^)

ではココからそのすごさを少しずつお話ししていきましょう。
先ず、この泡自体が通常の自然現象を逆転した泡なのです。
d0076627_2153736.jpg


 こんな感じのイメージです。

通常の泡は水底から水面へ向かって徐々に大きくなりながら浮き上がり、最後には水面で割れますが、マイクロバブルはその逆に、徐々に小さくなりながら水面に行くまでに水中に溶け込んでしまいます。

いまだかつて無い超現象が起こるのです。

この現象が起こることにより様々なミラクルが起こってくるのがマイクロバブル発生技術のすごいところなのです。

次回は、そのミラクル現象と発生装置についてご紹介しようと思います。
[PR]

by izasekikawa | 2007-02-25 02:18

日本の心を学ぶ

今日は私と、専務、そして古瀬主任と『日本のこころの教育』で有名な
東洋思想家の境野勝悟先生の講演を聞きに行ってきました。
先生は現在神奈川県にこころの塾・道塾を開かれ著書の執筆や、講演活動で
日本人の教育のあり方について活動なさっているかたです。

最近ではトヨタLEXUSのコマーシャル誌に取材をうけ
「音」についてコメントをしています。
トヨタは今の日本の車業界は技術やエンジン等全てにおいて頂点を極め
残す改良点はエンジン音位であると
レクサスエンジンの音を日本人でしか奏でられない音に仕上げたそうです。
そこで、境野先生に音と日本のこころについての関係性や
思想についてのインタビューをしたようです。

そして・・・

今日の講演内容は『生きる』というテーマでの講演でした。
様々な角度から私達日本人の生きる意味を教えて頂きました。

先ず『生きる』という言葉
〈生き〉+〈る〉に分割され〈生き〉=〈息・呼吸
〈る〉=〈~している
つまり、『生きる』という事は息をし続けていること。
これは、お釈迦様がとかれた悟りでもあるようです。

また、有名な歌人である松尾芭蕉が寺で修行している寺の住職である
仏頂上人から
「人生とは何か」と問われた時に
古池や蛙飛び込む水の音」という
有名な句を読んだときに「よし」といわれたそうで、
松尾芭蕉は
古池とは過去から未来と延々と時を経ている長い歴史であり、
蛙のその古池に飛び込む水の音は
「ポチャン」という一瞬の音
つまり、私達の人生は一瞬で終わる小さな事に過ぎないという、意味が込められた句であったのです。
ですから、辛い、苦しい等の悩みなんかたいした事ではないという解釈をして
人生を生きることと教えて頂きました。

また、境野先生は日本人らしく生きることが
最も私達日本人にふさわしいとも教えてくれました。
これを種性(すじょう)という言葉でおしえてくれました。
種(す)とは、野菜で例えると大根や人参、ゴボウ等で
性(じょう)とは、その特徴や性質。
つまり、ゴボウが幾ら大根になりたくても所詮無理な話で
ゴボウはゴボウとして生きることが最も好ましい生き方だというのです。
ですので、日本人は幾ら海外の真似をして生きようとしても無理なこと
日本人は日本人としての自己意識をしっかり持ち
日本人らしい生き方を心がける事が一番幸せな生き方と教えて頂きました。
つまり個人で考えるならば自分を知る『自己発見』が大切で、
他人との比較で生きるのではストレスがたまりやすいので無理がくるということです。

また会社組織については、
会社の名前を呼んでも会社は返事は決して返してこない
会社の社員さんの名前を呼ぶと返事が返ってくる
つまり、会社は無形のものであり、大切なものではない
大切なものは会社で働く一人一人の生きた人間であり
その人の人生を守るのが経営者やリーダーと呼ばれる人間のやるべきことと
教えて頂きました。

そして、日本という国についても教えて頂きました。
2000年前の日本は『日のが本』
600年前に『日本』となり、意味は
日=太陽、本=で太陽に生きていることを感謝するということでした。
ですので私達日本は太陽に深く関わり合う民族なのだそうです。
また、海外との違いは海外では判断基準に絶対者がいます。
キリスト・ユダヤ・イスラムで
日本は神の国という言葉で表されていますが、解釈が少し違うようで
正式には『日(か)身(み)』というそうです。
つまり、太陽が私達日本人の体という意味が正しいようです。
ここで面白い話を聞きました
よく奥さんを「カミサン」「おカミサン」といいますが
語源はココから来ているようです。
ですので、奥さんは太陽で、男はその太陽をいつも輝かせるために働くのだそうです。
武士道の基本もココにあり
日本男児は優しく、女・子供の危機を
救うために強くなるということです。
ただ単に強くなり続けることでは本末転倒で
強い者は弱いものを救うためにその力を使うこと
それが日本の武士道の筋との事です。

このような歴史的背景や、語源、習慣のなごり(初日の出)などから
日本の文化や思想がよく分かります。
まさに日の丸の国旗がそれを象徴していると思いました。
そして、絶え間ない戦争の行く末はどこも絶対者(宗教)の戦いです。
そんな中絶対者のいない日本こそが21世紀をまとめあげる国であるとも
海外では言われることもあるようです。
ん~。
かなかな聞けない話しをたっぷり聞かせて頂き頭も心もイッパイですが、
なんか日本人である事に誇りを持つことを忘れていたことに気づかされた
境野先生の講演でした。
[PR]

by izasekikawa | 2007-02-22 00:42

社会保険制度強制加入どうなる?!

厚生省と労働省の統合(平成13年1月)により、旧労働省が、法人事業所の雇用保険加入者データを、旧厚生相に提出。
 強制加入の対象となる法人に対して、その加入を管轄の社会事務所を基点として一斉に展開する。国は規制緩和の一環として、社会保険加入を推進する仕事を、社会保険労務士以外でも入札制で委託するシステムを導入しました。
 すべての法人事業所に、社会保険の強制加入のお知らせや訪問が行われるようです。
社会保険に加入した事業所に対して、雇用保険の被保険者と社会保険の被保険者のすり合わせはまだ行われていませんが、社会保険・労働保険徴収事務センターの設立により、両保険の同時調査が行われる予定とのことです。

加入用件は・・・

①政府運営する『健康保険』+『厚生年金』

②健康保険組合運営の『健康保険』+『厚生年金』
*健康保険は、同業種の法人が健康保険組合を設立して、独自に運営しています。
*理美容では『全国理美容健康保険組合』が平成19年4月から始動。保険料率で政府管轄より多少安く(77/1,000)設定されています。

③国保組合運営の『国民健康保険』+『厚生年金』
*個人である同業種の国民健康保険者が集まり、設立したのが『国民健康保険組合』で、東京都と大阪府に理・美容国保がありますが、現在法人は現在加入できなくなっています。


気になる強制加入対象事業所は・・・
①原則的に全ての法人(法人事業主1人でも加入)

②常時5人以上の従業員を使用する個人の事業所
*美容は強制ではないがいずれ加入しなければならなくなる可能性があります。


ではどのような対策が考えられるのでしょうか・・・?

①個人事業所の出向社員
本社(オーナー・役員)と、個人事業所(スタッフ)をわける方法で、個人事業所からスタッフの
出向という形が考えられます。
加入できるスタッフと、できないスタッフを分け、加入できないスタッフは個人のサロンを作った上で、そちらに移籍し、個人事業主と雇用関係を結び、その後、法人のサロンに出向するのですが、スタッフの将来を考える「心の経営」からはだいぶそれるやり方でしょう。

②鏡貸し制度
本社(オーナー・役員)が環境を用意し、個人と業務委託契約を結ぶ方法です。
既に面貸し制度で運営されているサロンさんも存在する事から、必要な形態ではあると思いますが、技術、サービスの統一は難しい形態でもあります。

③非常勤スタッフ
週30時間以内の短時間スタッフを設定し、シフト制で業務を行ういわゆるパートでまわす形態です。

④法人を個人にする

以上4つくらいの方法が考えられますが、これは緊急避難的に行うものであり、いずれは全員加入をめざして、経営効率をあげて行かなければならない。
経営者の手腕が問われるところですね。

理美容業界には大変苦しい制度の強制加入ですが、一般企業は当たり前のように今まで行っていた制度です。
この制度を受け入れることで、社会的地位の向上が少しできるというメリットもありますね(^。^)
[PR]

by izasekikawa | 2007-02-21 00:37 | 理美容業界の知識

理容業界の危機!

 先日このような話を平均年齢60歳の集まりで耳にしました。
それは最近1000円カットサロンに行くようになったという話題です。
話しを注意深く聞いて見ると・・・

3000円台の金額を払って毎月理容室に通うと
年間36,000円の金額がかかる
おまけに、白髪染めをするとさらにお金がかかる
髪は薄くなっているのに・・・
金額は以前と変わらない
だから、理容店は高い!
こんな会話です。

・・・・・ゾッとする話しの内容です。

60歳位の理容室オンリーでいた顧客がそんな理由で
1000円カットに移動しているのです。

ますます理容室は厳しくなって来ます。

では対策としてどのようなことが考えられるのでしょう・・・

①対象者を女性にまで広げる
②料金に見合う技術やサービスを創造する
③髪の長さ、量などによるメニューの細分化
④特殊技術を必要とする新メニューの開発
⑤1000円カットサロンへの形態変更


では・・・

①をする場合には、美容技術が必要です。

②をする場合は、対象者が常連顧客であったならば、顧客の美意識を変えなければ先ずはいけません。何故なら、顧客は今のヘアスタイルで十分満足しているのです。であれば1000カットサロンでも十分OK。
その程度でしか、ヘアスタイルに関心が無いのですから。

③の場合は顧客のタイプを先ずは細分化して、お任せ!ではなくカウンセリングや提案をしていかなければいけなくなります。季節によるスタイルの提案などもいいでしょう。

④の場合、優れた効果や顧客の悩みどころを解消するメニューでなければ、自己満足に終わる可能性があります。

⑤の場合は、1000円カットサロンと同じ内容であれば、資本力のあるところにいずれは飲まれてしまうので、違う要素を取り入れた形態をとらなければならないでしょう。独自で考えた1000円カットサロンの創造ということです。

様々なことを考えられている方も多いと思いますが、早めにその方向性や戦略を考え出し、実行する事が必要かと思います。
経営者の手腕思想が問われるところです。
[PR]

by izasekikawa | 2007-02-17 00:35 | 理美容業界の知識

どうなる未来?

 最近環境問題についてのTV番組や、記事が頻繁に見受けられるようになってきました。
地球温暖化現象による様々な現象と、危機です。
日本でも季節はずれの様々な異変が起きています。
 とある記事にこのような事が書いてありました。
グリーンランドの氷がここ数年の間に解け方がドンドン加速している。
確かに1992年の氷の面積が、2005年にはその1/2になっています。
また、シベリアの凍土が溶けて大量の『メタンガス』が放出されています。
このメタンガスは『CO2(二酸化炭素)』の23倍もの強力な温室効果ガスで、
温暖化の暴走が始まろうとしているとの事です。
そして、私達の身近なところで恐ろしい細菌も出現してきているようです。
その細菌はメキシコ湾に生息していた『人食いバクテリア』と呼ばれる
強力な細菌
『ビブリオ・バルフィニカス(Vv)』というものです。
その細菌によってどのような事が起こるかといいますと、
魚介類を生で食べたり、海で擦り傷をつくるなどして感染すると
急速に体が腐り始め、ほんの数日で死に至るというものです。
2001年から毎年患者が発生し、昨年も5人が発症しうち3人が死亡しているとの事。
ウソか誠か少し恐い細菌ですね。
これも温暖化現象の及ぼす影響の一つのようです。

 私達はそのような環境を、自分達が作り出してきてしまったのです。
これから何をしたら良いのか?
それは各自が少なからず環境や、資源の事を考えて
できるところから少しずつでも始める事ではないでしょうか?
理美容室でも河川を汚すヘアカラーやパーマ剤の使用量を極力減らしていくことや、
浄水装置をつける
電気量を節約するための効率の良いプロセスや
新技術の開発をするなど
自分達の環境において
よりベストな、そしてより人と環境にやさしいことをする事だと思います。
 真面目に考えていかなければ、本当に先は無いかもしれませんね。

・・・・・・未来を決めるのは貴方だという事

これだけは心の片隅にでも置いておいて欲しいものです。
[PR]

by izasekikawa | 2007-02-17 00:00

心の経営10回コース終了

本日2007年2月6日(火)無事終了いたしました。
私は経営者コースを受講させて頂きましたが
経営者のとるべき行動や考え方を分り易く学ぶ事ができました。
また、美容室への提案素材が沢山できたことに感謝いたします。
今はどのサロンさんでも大変な時期を迎えています。
特に人材育成が大きな課題となっています。
心の経営では「自主活性型サロン作り」がテーマです。
スタッフ各自が自主性を持ってサロンの発展のために創意工夫し
自己を磨きながら努力していけるサロン体質
多分、美容室に限らず他業種でもこのような環境が理想ではないかと思います。
更には日本国全体のテーマでもあるかもしれません。
美容業界でこのようなテーマで勉強ができる環境があること自体
未来明るい業種だと思いました。

何事も人のせい、環境のせいにしがち

時間が経てば良くなる

誰かがやってくれる

楽に幸せになりたい

誰しも心の中に少なからず持っている醜い部分
その部分と各自が戦い心の中から消し去る
それが心の経営の根源でした。

自分を磨くことですね。
今回は最後とあり
一人一人伊藤先生と、北田先生からディプロマとチョコレートを頂きました。
d0076627_21435664.jpg

更に、特別ゲストの登場で
バイオリニストの大久保さんの演奏♪
d0076627_21424529.jpgd0076627_21431339.jpg




大久保さんはバイオリンを通して子供達の音楽の才能を引き出す活動をしている方です。
楽器はその人の人間性、品格が音色に現れると聴きます。
数分の演奏はとっても心地よく
贅沢な気分にしていただきました。

伊東先生の粋な計らいに感謝します。

今回学んだ事は当然私も実行していますし、もっと社内で生かしていきたいと思います。
そして、多くのサロンさんの役に立てていきたいと思います。
d0076627_21532044.jpg

[PR]

by izasekikawa | 2007-02-06 21:54

理容から美容へ・・・

今、理美容業界の新陳代謝が激しく行われています。
世代交代、独立、閉店、出店とめまぐるしく行われています。その中で総数的には美容室の数は増え、理容室の数は激しい減少傾向にあります。
理容業界の危機が訪れているのです。d0076627_0425860.jpg
理容室を利用する顧客は、高齢者やさっぱりしていればヘアスタイルにはそんなに拘らない人が殆どではないでしょうか?
女性は当然殆ど利用しませんし、30代を境に男性も美容室利用人口のほうが圧倒的に多いと思います。
そして、誰も避けては通れない少子化と、高齢化社会。
では今の子供達が理容室へ行くかというと、現在の中高生の後を追って、殆どが美容室を使用するのではないのでしょうか?
逆に高齢者は?
現在、美容室を利用している全ての男性が、共に歳をとっていきますので、年だから美容室は恥ずかしい・・・。
なんて意識は多分起こらないので、当然美容室へ通うでしょう。
何故なら、男性美容師も歳をとっても現場にいる可能性も大いにありますし、最近では個室も完備している美容室が増えてきています。
となるとこの先理容室の顧客は・・・

現在の年配の顧客は自然の原理として

この世との別れを余儀なくされ数は減ります。

若い男性も通わない。

女性は当然通わない。

人口が減る。

確実に客数がますます減るので、理容室の数は淘汰されていきます。
それも、それ程遠い未来ではなく、十数年後には確実になるでしょう。

ではどうしたらいいのでしょう?

・・・美容の文化を取り入れる事だと思います。
しかし、何故か理容の方は真面目な方が多く
古き伝統を守り、男としてのプライドを理容業にかけています。
理容は男の髪を切る!
もの凄~く男気を感じる業界です。
硬派でカッコイイのですがしかし・・・

ビジネスとして捕らえると・・・

漁業でいうと、今までの海域では魚が取れなくなってきたので
違う海域にも出向く!

ですので、理容師の方は、今までの価値観を新たな価値観にグレードアップしていく事が必要かと思います。

何事も、過去を捨て去るのは勇気が要りますし大変な事です。
それは、経営に限らず自分自身の悪いところを
自分自身で認めるくらい困難な事だと思います。

しかし、現実はそう甘くはありません。

しかも、生活がかかっていますし
従業員を雇っていたら
その家族の生活までも考えなくてはいけません。

新しい理容の文化を創造するためにも、理容師は美容師の知識や技術を取り入れるべきだと思います。

これは、理容師の新たな挑戦であり、今後の理容業界又は、理美容全体の革新になるかもしれません。

是非、革命を起こすくらいの気持ちで
新しい領域に挑戦して欲しいものです!

次回は理容師から美容師に転換し順調にサロンが成長してきている
美容業を取り入れて10年目のとあるサロンのオーナーのお話をします。
[PR]

by izasekikawa | 2007-02-04 00:51 | 理美容業界の知識