<   2007年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

第3回マイクロ・ナノバブル技術シンポジウムに参加

遂に参加できました。
マイクロバブル最前線である「学会」
ちょっとした勉強会などは頻繁に行っているようですが
今回は「学会」です。

こんな経験なかなかできません。

今話題のマイクロ・ナノバブル技術で、新技術開発と新産業の創造を探る!

3000もの企業が注目する日本独自の技術の学会です。

会場も名古屋大学です。
d0076627_233942.jpg

来場者はそれぞれの有名大学の教授や

大手企業のかたがたばかり。

こんなところに美容業界の人間が参加していいものか?!

しかし、わずかな参加枠ですが

この業界にマイクロバブルの使用権利を持ち込んだ

有限会社K・Y・Cの林社長の推薦でやっと参加できました。

今回の目次です。
d0076627_2335195.jpg

「マイクロがブル技術の特徴と新展開」
大成博文教授(徳山高専)

「ナノバブルによる固体微粒子汚れの洗浄」
矢部彰(産業技術総合研究所)

「マイクロバブルの表面特性を利用した化学工業への応用」
寺坂宏一教授(慶応義塾大学)

「マイクロバブルを気泡塔に分散させた場合の流動特性および分解性能」
坂東芳行教授(名古屋大学)

「マイクロバブル実演と展示」
(株)アグリポピュレイションジャパン・(有)K・Y・C・(株)ナノプラネット研究所
その他
d0076627_2342994.jpg
d0076627_2344788.jpg


d0076627_2351362.jpg

d0076627_2353049.jpg

「マイクロバブルの合一現象について」
功刀資彰(京都大学)

「長野県阿智村の村づくりとマイクロバブル」
岡庭一雄(長野県阿智村村長)

「光マイクロバブルとは何か」
大成博文教授(徳山高専)


このような内容をじっくりと聞かせていただきました。
d0076627_2375578.jpg


今回わかったことは多くの方々はその泡の発生方式の改良や

泡の性質の解明などが主で

殆ど基礎研究ばかりでした。

実用化して実際にビジネス展開している企業はごくわずか・・・

その中でも美容業界は超ハイペースだったのです。


そのためほかの企業から大変うらやましがられていました。

研究もいいですがやはり実用されないと

良いものも活かせませんね。

その後懇親会が催されそれぞれが興味ある企業の方や
教授と意見交換をしました。
d0076627_2381915.jpg


今回分かったこと
マイクロバブルは非常に注目され多くの企業や大学が注目しているということと、
やはり、「超高速旋回方式」でなければ生理活性効果はないことです。
[PR]

by izasekikawa | 2007-12-17 02:42

アレルギー反応と自己防衛本能とは・・・

アレルギーは基本的に人体に異物が侵入すると白血球が異物を感知して
侵入した異物を取り込み、消化・分解する免疫の働きをしたときに起こる拒絶反応のようなものです。
そして周りの血管や組織に炎症(カユミ・赤み・腫れ)を起こします。

これはもともと私たちの体を守る防衛本能の一種です。
たとえていうならば
顔めがけてボールが飛んできた時に
思わず目を閉じてしまう反応と同じといえるでしょう。

話は戻りますが、このアレルギーを引き起こす原因となるのが「アレルゲン」といいます。
化粧品関係で言えば2001年以前に指定成分とされていたものがそれにあたります。

指定成分、現在は旧指定成分といいますが、
2001年4月からの化粧品「全成分表示」が義務づけられる以前は
「102」個の表示指定成分をどれか使用した場合には必ず
化粧品のラベルに表示する義務がありました。

旧指定成分は、
使う人の体質によって過去においてアレルギー等の肌トラブルを起こし、
今後もその可能性がある成分のことをさします。

このころの名残で今でも『無添加化粧品』などといっている化粧品も未だ健在ですが
要するに旧指定成分は使用していない化粧品という意味です。

しかし、最近ではそれ以外の成分でもアレルギーを起こす人も増え
旧指定成分以外で自分に合わない成分を自己責任において特定し
避ける必要が出てきました。

この行為も自己防衛本能といえますね。

今は全成分表示義務のおかげで、成分を見て商品を選べるようになりましたが、
旧表示指定成分がどれなのかはわからなくなりました。

化粧品以外にもアレルゲンとしては

ダニ(生体・死骸・抜け殻・糞)やカビ、

春秋と悩まされる花粉

ハウスダスト、ペット(毛・フケ等)、羊毛、絹、ソバガラ、消臭剤、ヘアスプレー等など、

その種類は数えきれないくらいです。

自己防衛本能は体の害になる
バイ菌やウイルスに対してだけ働くものですが、
アレルギー体質の人は、
アレルゲンに過剰に反応し、
体内にアレルギー抗体(I・E)を作ってしまいます。
これが喘息、アトピー性皮膚炎、鼻炎、結膜炎、腸の炎症など、
さまざまなアレルギーの症状となってあらわれます。

ちなみに私は重度の花粉症でしたが、
アミノ酸のサプリメントを半年服用して克服しました。
免疫機能のアップに成功しとのです。

その他の防衛本能としては「毛」があります。
人間の肌の弱い部分などに毛が生えてくるのもその本能の一つなのです。

そして「経皮吸収」という言葉を聞いたことはありますか?

異物の吸収経路としては「経口吸収(口)」や「吸入(鼻・口)」が代表的ですが
皮膚から化学物質が浸透し、吸収されることが「経皮吸収」ですが
この経路は一般的には知られていません。

経皮吸収された化学物質は当然体には異物です。

しかし、この経路で侵入した異物は臭いも、痛みも、吐き気も何も感じません。

要するに体の防衛本能が即座に反応しないのです。
すると、血中に入り込み肝臓や子宮に徐々に蓄積されていきます。
長~い期間をかけて・・・。

これが後々様々な病気や不都合な症状を起こす事が最近は徐々に分かり始めてきているようです。

出産時の羊水が「シャンプーの香り」がすることは最近の産婦人科では当たり前のようです。
その他奇形児などは年々増え続けているのが事実です。

奇形児は、「外見異常」以外にも「内臓疾患」の子供もそう呼ぶようです。
また、アトピーの子供が生まれたりと
様々なアレルギー体質の子供が生まれてくるそうです。

そして驚く事に・・・!

「子宮に毛」が沢山生えていたという驚くべき事実もあるのです。
これは先ほどの防衛本能で異物から身を守るために
体が反応した結果なのではないでしょうか?

母となる女性は今さえ良ければそんなの関係ない
という意識を改めるべきではないでしょうか?

そして、自分の身を守るための正しい知識を得て

健康的な生活環境を整えていかなければいけませんね。

私たちの立場からすると・・・
毎日使う化粧品関係
スキンケア、ヘアケア等本当に安全なのか

経皮吸収する成分は?等勉強も必要です。

そのような知識を持った美容室も多少ですが存在します。

一度美容師さんに聞いてみてください。

「経皮吸収」しやすい化粧品原料のことを。
[PR]

by izasekikawa | 2007-12-14 03:02 | 理美容業界の知識

マイクロバブル学会前夜

今日は名古屋に来ております。
なぜなら、明日行われる「日本混相流学会」が行う第3回マイクロ・ナノバブル技術シンポジウムに出席するためです。
初めての学会といいますか、なかなかこの美容業界ではこのような学会に出席できる事は非常に珍しく、改めてこの美容業界においてマイクロバブルの技術使用権利を取得した林社長に感謝いたします。
そして、今日やるべきことは・・・
①ハルカシャンプー&カオルコンディショナーが11月に関西地区の朝日新聞に大きく取り上げられ、その影響で、名古屋の東急ハンズからの発注があり、現在店頭で販売されているということでその事実を確かめるべく証拠写真を収めること。
②名物の一つである手羽先、「やまちゃん」「風来坊」が有名ですが私はカラッと揚げたスパイシーな風来坊が好きで、今晩食する事。
そして、1の目的である東急ハンズへ・・・
店内でシャンプー関係のコーナーを見ると
ありました!!
しっかりと東急ハンズの値札をつけてかなりいいポジションをキープしていました。
しかし・・・
カオルはどこ???
売り切れでした(涙)
でもハルカはありました。
なんか信じられないといいますか嬉しいですねー(笑)
新聞で紹介されました 11月8日(木)朝日新聞と書かれ
紙や頭皮を大切にすることを第一に考えつくられたシャンプー。シリコーン無配のため、お子様やお肌の弱い方などにも安心してお使いいただけます。
注意・・・紙←髪の間違いでしょうが。
このように説明書きもそえられ堂々と大手化粧品メーカーのシャンプートリートメントの中に並んでいる光景はホントと嬉しいですねー。
宇都宮のカフェブリュオーナー笹木さんが独自に成分や経皮吸収などの勉強し「お客様のために納得できるシャンプー、トリートメントを」とその気持ち一つで魂をこめて作り上げた傑作品。
その過程をずっと拝見していた私としては

うるうる~~~

大手メーカーが作るものよりも世の中に注目される

宣伝も一切無くただただ商品力だけで

ここまで来てしまったのです。


結局、消費者はいいものを求めているのですね。

大手メーカーも少しは参考にしてくれたらいいのですが

でも・・・

~~~~~たぶん

コストが・・・(金)

原料の在庫が・・・(現状)

コマーシャル費が・・・(知名度)

と使う人のことより自分の会社の利益を優先して考えてしまうのでしょう。

又は

考えざる終えない状況でなかなか難しいのかもしれませんね。

何はともあれ多くの美容メーカーのお膝元である関西地区それも名古屋で
無名の1美容師が作り上げたノーブランド商品が認知されたことは
非常に大きな意味を持っていますね(笑)
d0076627_2323983.jpg


そして夕食
今日は林社長と夜合流する予定でしたが打ち合わせが長引き結局一人で(涙)
さびしく風来坊へ
d0076627_2394251.jpg



d0076627_23102561.jpg



久々に中生を注文し、手羽先2人前
一口ガブリ~~~

「やっぱりうまい!!!」

この甘辛くそしてパリッとした衣の中に
やわらかいお肉
さっぱりとしておいしい~!!
一人カウンターで黙々と手羽先をほおばり
顔を赤くしてビールを飲む

こんなのもたまにはいいですね。

そしていよいよ明日学会です。
学会の報告はまたしますのでお楽しみに!
[PR]

by izasekikawa | 2007-12-13 23:04

笠間焼きの文化に触れて

人生初の陶芸にチャレンジしました。
昨年地元茨城県の笠間焼き職人の小峰先生をお呼びした
セミナーを開催いたしました。
その時、笠間焼きの歴史や陶芸の素晴らしさを沢山勉強しました。
そのせいかいつかは陶芸やるだろうなぁ~と思っておりました。
また、自分の母は草月流の先生で、お花を生ける器等
自分で焼いたものも使っていた事もあり
興味はだいぶありました。

そんなある時、お客様から今度スタッフと笠間焼きの体験に行くから行きませんか?
とお誘いをいただき「行きます!!」

そしてさらに、もう一サロンの方々にもお声がけして
計8人で笠間焼きの体験にいってきました。

やったのは「ろくろ」です。
そのほかには「手びねり」というやり方もあるようですが
まずは、陶芸イコール「ろくろ」でしょう(爆)

と「ろくろ」に皆で挑戦しました。
ちなみにその内3名はすでに経験者です。
d0076627_0232644.jpg

指導する先生が2人ついてくださり、筒型から皿型のやり方の展示をして頂き
早速チャレンジ!!
集中して何とか形になってきましたが
よくテレビなどで見る「グルグル・・・グチャ!」

やちゃいました・・・。


そして再チャレンジ
なかなか力加減や手の使い方がなれないと難しく
さらによく水をつけないとまた「グチャ」となってしまうので
緊張しながらの約1時間。
d0076627_028405.jpg

私はグラスと皿の2種類を製作しました。
なかなか陶芸はおくが深いです。
さすが伝統工芸にまでなる文化だと改めて実感いたしました。
ちょっとはまりそうな感じです。
文化に触れ、精神を統一しただそこにある粘土と戯れ無心になる。

素晴らしいです。陶芸は・・・(笑)

また来年チャレンジしたいと思います。
そして移動して4時ぐらいから打ち上げで~す!

ばくばく食べていると店内が暗くなり

ケーキが登場

何?何?何????

「関川さんお誕生日おめでとう~~~~!」

えっ!!

サプラ~イズです。

皆さん今月、私の誕生日と知ってこんなうれしいサプライズをしてくださいました。

ありがとうございます(涙)
d0076627_0281475.jpg


あ~すばらしい一日でした(笑)

そうそう忘れていました・・・
今回の作成したものの焼き上がりは来年の末ごろのようです。
完成しましたらまたご紹介いたします。
[PR]

by izasekikawa | 2007-12-13 00:36

イメージが独自性を創造する

私たちの会社は今正に独自性を追求しています。
よく私がサロンの方に
「差別化」ではなく「独自化」ですよ!
なんてえらそうに語るときがありますが
結局「差別化」は同業他社との比較
あそこがこうしたからうちはこうしよう・・・
結果、あなたは本当はどうしたいの?
何のために今の会社をしているの?
ということになり個性というか「価値」が薄くなってしまいます。
私たちは単純に
もし自分達、又は自分達が大切にしている人がいくとしたらこんなサロン!!
という、架空のサロンをイメージして
そこの技術レベルは~
そこで使う薬剤は***じゃなきゃだめ!
働く人はこんな人
店内はこんなところに気を使っている
等理想のサロン像を現実化するために
さまざまなご提案や、商品をお勧めしているわけです。
別に沢山の商品をどんどん買っていただくために営業をかけているわけではないのです。
自分達の考えに共感していただき、自分達の納得した商品を使っていただいて
そのサロン様が繁盛していただければ
結果商品のご注文が増えるということになりますから
繁盛していただくために色々なご提案をさせていただいているのです。

お分かりになりますか?

商売としてそれは・・・

そう思う方もいらっしゃるかも知れませんが
それが私達の使命と思えるからやっているだけのことです。

無名の商品であろうが自分達の基準をクリアーした良い商品であれば
お勧めをします。

いいと思う事は全部伝えます。

逆にだめな商品は徐々に取り扱いをやめています。

なぜなら、それを自分達には使ってもらいたくないからです。
ですから商売としては非常に手間も時間もかかる方法だと思います。
一つも楽に売れる商品は無いからです。
何せ有名でも、過去の実績による信用性も無いような商品がメインですから
サロンの方に納得してとり扱っていただくには
相当の知識や説明、商品力などが必要だからです。

しかし・・・楽なんです「心」が。
うそをつかなくていいからです。
若干の妥協点のあるものもございますが
その妥協点は高いレベルでの妥協点というより、拘る度合いです。

ちなみにこの方向性に決めたときは非常にヤバイことになっていました。
不良在庫の山・・・
今まではかなり販売していた商品を売らなくなるのですから。
金額にすると相当の金額を処分しました。

しかし、今はおかげさまで徐々にですが私達の考えに共感していただくサロン様が増え
ご紹介も毎月といっていいほどあり、
ほんとうに感謝しております。

規模や売り上げはたいしたことは無い会社ですが
たぶん熱い志を持ったサロンの取引軒数では日本一と思っております。

ですので、イメージしてみてください。
来て欲しい人を。

きっと独自化のためのヒントが皆さんの頭にドンドンと浮かんでくるはずです。
そして、それに共感していただけるお客様が必ず増えてきます。
[PR]

by izasekikawa | 2007-12-09 04:16 | 理美容業界の知識

「良い美容室」「行きたくない美容室」

あくまでも個人的は判断基準に基づいて書きます。
特に私の家族に行ってもらいたい事を最重要ポイントにおいて、これから
どんな美容室へ家族には行ってもらいたいのかを書かせていただきます。

では、娘である絢香をモデルとして考えていきたいと思います。

先ずはどこの美容室へ行くのか、美容室情報を集めます。
先ずは手っ取り早くインターネットでホームページを見ます。
どんな美容室なのか?どんなメニューがあるのか?どんなスタッフの方がいるのか?
スタッフ写真が載っているとなんとなくイメージが伝わるので、スタッフチェック!
スタッフの方の髪型や、多少見てとれる服装からお洒落な美容室なのか観察します。
髪型が汚かったり、お世辞にもカッコいいと言えなかったり、ファッションがあまりにもラフすぎていたらNGです。
ちょっと説得力に欠けませんか?
大切な娘の髪を任せられません。

そして、料金&メニューチェックです。
CUT料金が3500円以下でしたら少し不安を感じます。
特にシャンプー&ブロー込みでしたらなおさら大丈夫ですか?
という不安があります。
私の基準は4000以上ですね。
4000円以上であればなんとなく普通にはCUTしてくれるかもという期待が持てる金額です。
そして、パーマやヘアカラー、トリートメント等のメニューの数をチェックします。
なかなかホームページでは全部載せていないことが多いと思いますが、とりあえずチェックはします。
色々なネーミングのパーマなんかが沢山羅列してあったら実は私はNGです。
なんか、ほんとにそれぞれ違いあるの?
たとえば5個以上あったとしたらきちんと違いを説明できるのかが不安です。
きっと知識のある人が突っ込んだら答えられないのでは?
どうしても、客引きメニュー・・・
どれかに引っかかればいいや的なメニューの種類のように思えてしまうのです。
あくまでも個人的な基準です。

次に、美容室のポリシー等をチェックします。
どんな考えの美容室なのかを知る事は安心感にもなりますから。
また、ブログ等もチェックします。
どんな内容のブログを書いているのか等。
出来れば美容に関する内容や、ちょっとした日常生活にプラスになる情報等が書いてあればその美容室の市場に対する姿勢や感性が感じられるからです。

そのような事をチェックながら先ずは数店の美容室をピックアップします。

つづきはまた・・・
[PR]

by izasekikawa | 2007-12-06 01:49 | 理美容業界の知識

マイクロバブルの特性について・・・

マイクロバブルは現在弊社と弊社に研究グループとして使用権利を許可して頂いた有限会社KYCさんの2社において美容部門の商品研究開発に尽力しております。
弊社でも遂にオリジナルのシャンプー「RANTAGE MB Shampoo」を世に出す事ができました。
ココでマイクロバブルの特性を復習しますと・・・
①髪の毛の1/10程度(1/1000mm)の超微細な泡である。
②マイクロバブルは様々な発生方法があるが、超高速旋回式という、水と空気を毎秒約400~600回転という超高速で旋回させることによりマイクロバブルを発生させる方式が現在最も安定的で様々な現象を引き起こす技術として3000もの企業から注目をされている。
③発生時に大量のマイナスの電子を帯びたマイクロバブルが水中に漂い、ゆっくりと上昇するにつれ自ら収縮し水中に溶け込む。
④マイクロメートルからナノメートル以下にまで収縮する泡は、直ぐに肉眼では確認できないくらいになり水は透明である。これはナノ化していることを簡単に証明できる現象です。
⑤発生したマイクロバブルは有害有機物質、細菌、ウィルスなどを吸着し溶解する時にそれらを破壊するために、安全性の高い商品開発が可能となる。
⑥マイナスの電子は生物に吸着しやすく、生理活性効果を高め、生物の若さの源であるIGF-1というインスリン様成長因子を増やすことが確認された。つまりアンチエイジング効果があるという事を証明している。
⑦洗浄効果があり、除去しにくい強固な汚れや、微細な汚れをとるために有効な働きがある。

このような性質を有している事がこれまでの中で私たちは学ばせていただきました。そして、そのような性質を有効活用し、今までにない多機能を備えた独自の商品開発を日々行っております。

たとえば・・・
化粧品に使用する原料
無添加化粧品でも肌に合わない等のトラブルって聞くことありませんか?
これはいくら天然で安全な原料を使用しているからといっても安全ではない可能性があるのです。
理由は、原料を抽出又は、原料として加工する過程で多少有害物質といわれるものを使わざる終えない場合があります。
その時にキャリーオーバーとして、原料に含まれてしまうのです。
もともと原料に含まれてしまっているので
どんなに優秀な研究員の方が安全性の高い商品を作ったとしても
人によっては肌に合わないものがあっても当然です。
この壁を越える可能性があるのがマイクロバブル加工という製造技術なのです。
実際にこれまで商品として流通しているものでの肌トラブルはございません。
ただし、弊社で開発した「RANTAGE MB Shampoo」は1件ございました。
その原因は・・・
以前このようなことがありました。
肌が非常にデリケートな女性の方がマイクロバブルの化粧水「MBジェル」を好んでお使いになられていました。
肌の状態も良くなったころコラーゲンの原料を併用してお使いになったのです。
すると・・・
肌に吹き出物が出てしまったのです!!
何故?????
コラーゲンは化粧品原料の中でも誰もがその良さを知っている、または良いイメージを持たれています。
その原料ともなると、自分でコラーゲンたっぷりのオリジナルの化粧品が作れるわけです(笑)。
コラーゲンは沢山のアミノ酸の集合体で栄養分たっぷり!
そして活性効果~~~~~
肌の若返りにも有効な成分です・・・しかし・・・
マイクロバブル+コラーゲンとなると
活性効果のある2つそれも栄養分たっぷり!!

当然栄養過多、活性し過ぎということがおきます。

そうなのです。

良いものだからといって使いすぎも良くなのです。

このようなことから「RANTAGE MB Shampoo」は
ご使用後しっかりと水洗しないといけないという事があるのです。
ダメージヘアや発毛環境を整えるために数種類の安全性の高い特許成分を使用していますが
時には「栄養過多」になってしまう方もいることが分かりました。
ちなみに・・・かぶれや、アレルギーはなのでご安心ください。

アトピー症の家族でもまったく痒みや、肌荒れは出ておりません。

そんなこんなで現在栄養分を少し減らす方向で微調整を考えております。
[PR]

by izasekikawa | 2007-12-04 00:14