<   2008年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

久々の遠方への出張

今や『朝日新聞』、ビジネス情報誌『アエラ』と一般社会から注目の
カフェブリュの笹木氏と弊社お取引サロンの鴫原オーナーと3人で姫路へ出張です♪
この背景には笹木氏に影響を受け、メーカー等に囚われない
自分にうそをつかない本物志向のサロンを作りたいという
姫路市にサロンを構える川口さんと笹木氏の出会いから始まりました。
そして、姫路に着くや否や川口さんのお母さんが営むお好み焼きやで昼食。
d0076627_285494.jpg

ん~うまい!!
こんなに美味しいお好み焼きは久々。
d0076627_293578.jpg

そして、この味は初体験です。
文章でお伝えできないのは非常に残念(涙)
姫路へ行く機会があればもう一度食べにお邪魔したい忘れがたいお好み焼きでした。
そして、いよいよ講習です。
パーマ剤の成分のお話から、処理剤の原料のお話
さらに、実際にテストサンプルを笹木氏が用意してくれていますので
解説と、実際の効果が一目瞭然。
d0076627_2101159.jpg

かなり深い内容の勉強会ですが
実際の指で感じる感触や
お客様のリピートしてきた時の毛髪の状態の違いなどを詳しく
そして、明快な原因と結果を教えていただきました。
ココで笹木氏の毛髪処理に関する深い考えが理解できました。

通常この美容業界での毛髪処理は
薬剤の反応をコントロールするための処理
薬剤処理による毛髪ダメージを最小限に抑える処理
毛髪の質感を変える処理
の3通りですが
笹木氏の処理はそのレベルではなかったのです。

再来店時まで毛髪強度が低下しないための処理の意味もあったのです。
もちろん、アフターで使用するシャンプー、トリートメントも影響しますが
再来店時の毛髪強度まで考えての処理は非常に重要な発見でした。
この考え方は、お客様の髪に対してかなりの責任を持って取り組んでいないと
出来ない技術です。
なぜなら、再来店してきた時に、前回の毛髪強度を指先に記憶させ、
その記憶と比較しながら最善の処理法を研究しなければ
絶対にたどり着けないからです。
それも、一番効率がよく時間もかけない処理法を見つけ出していくのです。
『まいった!』という感じです。
d0076627_2115292.jpg

そして、スタッフの方の髪にカンタンなアフター処理を実際に行い
短時間での毛質コントロールを行いました。
d0076627_2122476.jpg

全てを代えるという川口さんには是非吸収していただき
姫路のお客様を今以上に喜ばせてあげて欲しいと思います。

ちなみに、笹木氏はスタイリング剤もまったく使用しない
本来の髪質のみで再現できるヘアスタイルの提案をされているということで
川口氏はぜ~んぶスタイリング剤をサロンから排除しました。
決断と行動が早いですね!
という事で、商品棚には「ハルカ・カオル」がゆうゆうと置かれていました。
d0076627_2205976.jpg

この後は姫路城を見学しお別れとなりました。
d0076627_2125655.jpg

d0076627_2132971.jpg

d0076627_2135613.jpg

距離は離れていますがまた、同志に合えた旅でした。
[PR]

by izasekikawa | 2008-02-21 02:21

遂に出ました!



原宿のLIPPSさんとのコラボレーションにより



業界初・・・世界初のマイクロバブル加工シャンプーとして開発した


「RANTAGE MB SHAMOO]が



遂に全国版のファッション雑誌に登場しました!


2008年02月12日発売の

ar 3月号
d0076627_28146.jpg



の美容専門商品のページで

じっくりと紹介されました。


美容関連でマイクロバブルに触れた解説は
たぶん・・・


これも初だと思います。



このような雑誌に愛情こめて

製作した商品が載るのは


なんか、いいものです。



有名になるためとか



儲けるためとか



いろいろな意味で




世の中に露出することは重要ですが




私たちの夢を託したマイクロバブル自体の


紹介がこの誌面によりできた事



手がけたものが


取り上げられた。




沢山あるシャンプーの中から


LIPPSさんのブランドのおかげもあり




選ばれた



自分の分身のようなシャンプーが取り上げられたのは




うれしいです。
[PR]

by izasekikawa | 2008-02-16 02:15 | 最近のオススメ

あなたはどう見られたいですか?

先日、日本の美容業界には影ながら

大きな功績を残された方の出版記念トークショーに出向いてきました。

その本は一般の方がなりたい自分を実現できるために出版された
貴重な本です。

その美容家とは・・・

ザビエル・鈴木氏


えっ!!


外人ですか?


いいえ、純日本人です♪


国籍はさておき、


このトークショー


d0076627_214319.jpg
3名の参加者が勝手に指名されて瞬時にその方の分析を行い


さらにはその人の心に秘めた


本当の美容に対する悩みを簡単な質問によって明確にしてしまいます。



実は私・・・という所がずっときになっていなの。

だから、こんなヘアスタイルしかできないんです。(完全に決め付けている)


また、別の方は


突然涙!!!!!

長年の悩みをカウンセリングで引き出され

その悩みに対して今まで自分が色々やってきた事を


皆の前で泣きながら話し出してしまいました。


話を聴いてみるとその3名ともどこの美容室へ行っても

この悩みをわかってもらえなかったというのです。


完全にあきらめで、自分にそう言い聞かせて納得させていました。



驚きですよね。


きっと全員違う美容室へ行っているようですし


いままでにも沢山の美容室に
自分の悩んでいるところを直しに通ったはずです。


しかし、まったく改善されなかった。


さらに、一人は非常に肌が敏感で化粧もできない人

散々化粧品を変えてはあきらめ、また新しい化粧品に挑戦する

こんな事を長い間してきたというのです。


なぜに・・・?


結論としては美容室がお客様の悩みを真剣に聞こうとしなかった

聞いても、解決策が無く妥協していた。




非常に残念です。


一般消費者的には、このような悩みの相談できるところって最終的には
美容室しかないにもかかわらず

美容室側が対応できていない。


業界が成長しないのが良くわかります。


なんとなく、美容師の仕事って言うものを
自分たちでイメージを作ってしまい

本来、美容師がすべき本質を見失っている!



もっと、お客様と真剣に向き合って

この人の悩みを解決してあげられるのは私しかいないんだ!
と精一杯、一緒に問題を解決する事に取り組んでいないのでは?


絶対に、売り上げが上がっていない美容室ってこの気持ちが足り何のだと思います。

なんとなく、やっているつもり・・・

ビジネス的な考え方・・・


だって、自分がもし難病にかかったら


きっと、自分の難病に対する恐怖心や、不安をわかってくれて
最善の方法でそれを本気で直してくれる

そんな医師を探しませんか?


その髪や肌の分野が美容であり、美容師の存在するところのはずです。



もっとお客様の深層心理を知ってあげられる

そんな、美容師が増えれば


美容業界は不景気なんか関係ない気がします。


売り上げも大切です。


しかし・・・


売り上げを上げる



売り上げに貢献してくれる



売上金を持ってきてくれる



感謝の変わりにお金をくれる




その人は、誰でもないたった一人のお客様




そんなお客様が沢山くる美容室が売り上げをあげられる

そのためには、その一人ひとりに感謝される



つまり、その方の悩みを見つけ出し



適切な薬剤や技術を用いて


共に問題解決に取り組んでいく。



それができている美容室にお客様が自然と集まるのだと思います。



だって、誰だってあきらめていた問題を解決してくれた人のところには


また来たいと思いますよね。

d0076627_2151128.jpg


d0076627_2155066.jpg

[PR]

by izasekikawa | 2008-02-10 02:16