<   2009年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

行動は全てを引き寄せる!


ボクには尊敬できる友達が数人います。

お互いが寄りかからない
心から尊敬し合える仲間です。

一緒にいて自分がすごい人の中に居るとふと
嬉しくもあり、気を引き締める瞬間があります。

あなたは、そんな尊敬し合える仲間はいますか?


損得なしで
お互いの成功を応援できる


お互いの存在がものすごく刺激になり

高めあうことが嬉しい


そんな仲間たちに共通していることが「行動力」

「決断力」ではなく「行動力」です。



アイディアもドンドン出すのは当然ですが
それをすぐに実行に移してしまう。

時間や距離なんて関係ない

やってしまう・・・


これって単純なことですが
誰でもできるかっていうと実はできない人がほとんど


たとえば
セミナーに行きましいた

感動し、勉強になりました

満足しました

しかし、1週間後に何人の人が自分自身に落とし込み
周囲の人に伝え形にしようと行動しているか?


たぶん・・・ほとんどいないのでは


結果目の前の現実はさほど変わらない
不満が解消されない
不安がなくならない

そんな行動力のある仲間で
1年前顧客ゼロ、何をやっていこうか具体的に決まっていないのに
独立起業し
たった1年で業界誌には2回も取り上げられ

順調にビジネスの基盤を作った「凄い奴」

まさに「行動力の塊」のような人をご紹介します。


オーティアット 代表 平松(通称まちゃ)です

人が持つ悩みのトップ3に入る「コミュニケーション」についての
セミナーなどもやっています。

彼のブログを読むとなぜか勇気がわいてくる人も多いとか・・・


興味がある方はのぞいてみてください。
[PR]

by izasekikawa | 2009-10-26 02:03

真実を見失う・・・

出張先のホテルで
シャワーを浴びてホット一息をつきながら

久々にブログ書かなくちゃ!と
パソコンに向きあってます。

このブログも3年目くらいかなぁ~

今回は最近の美容業界での変化

何が変わったきたかって

不景気だからって「売上」をあげるために必死に努力している
その努力の方向性が「危険」かも?

ということです。

真実はお客からいくらお金を取れるか!ってことに努力しているサロンが多いってことです。

でも、ホントにそれでいいの?

本来理美容室の仕事って
髪型を変え気分を変える
会話で消費者との関係性を深める
心遣いで消費者の心を温かくする

それが本業でそのために勉強もする


しかし!

今はその本業とは違ううところに気を取られている
そう感じます。


確かに売り上げは重要です。
しかし、本業とは違う思考を使うと必ずお店の空気が変わる。


僕は外部の人間だからその空気感ってすごく敏感に感じるんですね。


特に以前が素敵なサロン環境であればあるほど変化が大きい




消費者=お金


そんな雰囲気意を感じるサロンが増えています。


今それに気付き本来の思考を取り戻さなければ
この先ますます厳しいといわれている社会に果たしてそのサロンは順調でいられるのでしょうか?



お金を使うことにシビアになっている消費者がその存在を許すのでしょうか?



美容室だけでも22万軒あるといわれています。
その全ての店舗に消費者の選択肢は沢山あることを忘れていないでしょうか?

確実によそへ行きますよね

売り上げが下がる
客単価を上げようと浅い考えで新メニューを進める
来店を促す
お客=金の思考で接する
客数が減る
もう修正が難しい深い社会の溝へ落ちてなかなか這いあがれない・・・


そんなシナリオを自ら作ろうとしている



しかし、すくいもあります。
そんな中、数軒ですが
消費者の立場になった思考でこの厳しい状況を耐えているサロンもあります。


当然消費者は離れません!
遠くても来店します!

後はどれだけの消費者がそのサロンの存在に気づくかです。

もう時間がありません
今すぐ思考を消費者に向け、社会の行く末をよく考えなくてはいけません。


その先にあなたは何を見るのでしょう?

変化した社会の動向を見据えた
ビジネスモデルを作り始めなければいけません。


そこに、気付いてほしいと心から願うばかりです。
[PR]

by izasekikawa | 2009-10-07 04:00